お客様からいただくよくある質問をまとめてみました。こちらもご覧ください。

1.使用上の注意に関する質問

Q
イチジク浣腸の医薬品リスク区分は、何ですか?
A
イチジク浣腸は、第2類医薬品です。
Q
してはいけないことに、「連用」しないでくださいと書いてありますが、連用とは何ですか?
A
連用とは、浣腸を毎日のように、使い続けることです。個人差はありますが、浣腸にたよるのではなく、自立排便できるように試みたり、便秘薬との併用で効果が弱まることなく、効果的です。
Q
相談することに、「心臓病の方」と書いてあるのはどうしてですか?
A
浣腸を使用すると血圧が下がる場合があるので、心臓に負担をかける場合があります。体調が安定している場合はご使用いただいて問題がありませんが、使用に際し、不安のある方は、医師に相談してください。また、使用する際は、体への負担を低くするために、人肌にあたためてから使用するとよいでしょう。
Q
相談することに、「高齢者」と書いてあるのはどうしてですか?
A
高齢者の方が使用してはいけないというものではありません。個人差が大きいため、排便後に脱水症状を起こす方もいますので、使用後に水分を十分に摂取するようにしてください。また、普段からお薬を服用している方は、医師、薬剤師に相談してからご使用した方が安心です。

2.赤ちゃん・妊婦に関する質問

Q
赤ちゃんを出産した後です。授乳中でも浣腸を使用する事ができますか?
A
イチジク浣腸は、血液の中に移行しませんので、母乳には影響がありません。授乳中でも使用する事ができます。
Q
妊娠中です。浣腸を使っても大丈夫でしょうか?
A
妊娠している方は、イチジク浣腸を使用する事で、早産、流産を引き起こす可能性があります。大切な赤ちゃんのため、主治医に相談してください。
Q
生まれて間もない赤ちゃんに使えるのでしょうか?
A
0歳からご使用いただけますが、3ヶ月検診(地域によっては、4か月検診)を受診する前は、医師に、イチジク浣腸を使用して良いかご確認ください。(イチジク製薬 独自基準)
Q
こどもが誤ってイチジク浣腸の薬液を飲んでしまいました。どのように対処したらいいでしょうか?
A
水をコップ1杯以上飲ませてから、しばらく安静にしてください。もし、腹痛、悪心、嘔吐など、体調に異常がおこったら、すぐに医師相談してください。

3.成分・分量に関する質問

Q
イチジク浣腸10、20、30,40の数字は何ですか?
A
この数字は、容量を表しており、グラム数になります。
Q
イチジク浣腸の成分は、何ですか?
A
グリセリンと精製水と防腐剤のベンザルコニウム塩化物が入っております。
Q
イチジク浣腸はなめると甘いって本当ですか。
A
本当です。グリセリンは、化粧品、食品、医療品など幅広く使われている無色透明の液体です。イチジク浣腸の中には、グルセリン、精製水、防腐剤しか入っていないため、ほんの少しの量を舐めてみると甘いことが分かります。
Q
40gより大きい浣腸はありますか?
A
薬屋さんやドラッグストアで販売している浣腸では、40gがもっとも大きいサイズとなりますので、それ以上大きいものはありません。
Q
20g、10gのイチジク浣腸を大人が使っても良いのですか?
A
薬液は、同じ成分ですので、大人の方が使用になっても問題はありません。30gでは効きすぎてしまう方や体格がきゃしゃな方、等が使用する場合があります。
Q
イチジク浣腸のノズルの長さを教えて下さい。
A
下記を参照下さい。

4.使用方法に関する質問

Q
1本使用しましたが、でません。1日何本イチジク浣腸を使用できますか?
A
1日2本までです。1本使用してから30分から1時間空けて使用するとより効果的です。
Q
初めて使用します。どこで使用したらいいでしょうか?
A
トイレで使用している方が多いです。また、トイレのそばのお部屋でご使用する方もいますが、初めての方は、がまんができず、薬液だけがでてしまうことがよくあるのでトイレでご使用した方がいいです。
Q
イチジク浣腸は、いつ使ったらいいでしょうか?
A
イチジク浣腸は、いつ使ってもいいですが、朝、胃腸が動くときに、ご使用いただくと効果があります。
Q
浣腸を使うのがちょっとこわいです。
A
緊張をすると肛門が閉まって、浣腸は入りにくくなります。
使用前に、深呼吸をして、少し落ち着いてから、リラックスした状態でご使用ください。
Q
便秘薬を飲んでいます。イチジク浣腸を併用して使用してもよろしいでしょうか?
A
飲む便秘薬の効果があらわれる時間に、浣腸をご使用しないようにしてください。飲む便秘薬と浣腸の効果が重なることを避けるためです。
Q
寒い時に、イチジク浣腸をあたためてから使用するといいと書いてありますが、どのようにしてあたためるのでしょうか?
A
①お椀を1つ用意します。
②40度のお湯を入れます。
③イチジク浣腸を入れます。
④人肌にあたたまったらタオルで拭いてください。
あたためすぎると低温やけどする事があるので、暖め過ぎないように注意してください。
Q
使用後に、容器に残っている薬液は、再利用できますか?
A
再利用できませんので、残っている薬液は、トイレに捨ててください。

5.保管・廃棄に関する質問

Q
イチジク浣腸の箱をなくしました。添付文書(取扱説明書)を入手する方法はありますか?
A
箱に書いてある添付文書情報は、ホームページから入手する事ができます。

添付文書情報

PDFファイルで作成していますので、あらかじめPDFを読み込むソフト(例えば、Adobe Reader)をあらかじめインストールしてください。

6.飛行機持ち込み・外国語に関する質問

Q
イチジク浣腸を海外に持っていきたいのですが、飛行機内で破裂しないのでしょうか?
A
気圧の関係で、万が一もれた時のためにプラスチック・バッグのような密封できるビニール袋に入れてもっていきましょう。
Q
イチジク浣腸を飛行機機内に持ち込むことはできますか?
A
平成19年3月1日より、液体物を国際線の手荷物として、客室内に持ち込む場合の制限が、下記のように導入されました。
受託手荷物(お預けになる荷物)には制限はありません。

(1)あらゆる液体物は、1つ100ml(100g)以下のものとし、再封可能な容量1L以下の透明なプラスチック製の袋に入れます。
(2)旅客一人当たりの袋の持ち込み数量は1つまでです。

詳細に関しましては、国土交通省のホームページでご確認ください。
国土交通省
海外で乗り継ぐ場合は、国ごとのルールが設けられていますので、あらかじめ旅行会社や搭乗される航空会社にお問い合わせください。また、国によりイチジク浣腸の説明を求められる場合がありますので、英文で説明した文書をご用意しましたので印刷してお持ちください。

客室内持ち込み例。縦と横の合計が40cm以内。
Q
外国語で説明しているサイトはありますか?
A
英語、中国語(簡体語・繁体語)で書いてあるサイトはありますので、こちらを参照してください。
英語(English)
Welcome to our brand new English site, designed to fulfill our consumers needs!

中国語(简体)
欢迎使用我们为消费者所设计的全新中文简体网页。

中国語(繁體)
歡迎使用我們為消費者所設計的全新中文繁體網頁。
Q
海外にイチジク浣腸を持っていきます。英語で説明を受けた場合に、英語でイチジク浣腸を説明した文章はありますか?
A
英語で説明した文章があります。必要な商品の説明を印刷してお持ちください。

イチジク浣腸・リセッチの事で分からない事があったらお客様相談室に聞いてみましょう。

電話番号 03-3829-8214

イチジク浣腸を初めて使用する場合は、はじめてダイヤルにお問い合わせください。

電話番号 03-5809-7600

受付時間9時から17時まで(土曜日、日曜日、祝日、夏季休暇、年末年始休暇を除く)

時間外にお問い合わせいただくと、留守番電話になっております。
お名前、電話番号、相談内容を留守番電話に録音してください。
翌営業日に電話で回答します。

パソコン・スマホからのお問い合わせ

問い合わせをして、3日以上返事がない場合は、大変申し訳ありませんが、再度、お問い合わせください。
お問い合わせに関しては、一人一人の方と状況をお聞きしながら回答させていただく事を基本としておりますので、電話で対応いたします。
お問い合わせの際には連絡のつく電話番号をご入力ください。

関連ページ

イチジク浣腸の購入についてはこちらのページをご確認ください。